~10年後の佐濃を考える~ワークショップ実施

みなさんこんにちは、佐濃自治会です。

6月13日(火)福祉部会を開催しました。

この日は各集落から12名の福祉委員の出席があり、今後佐濃の「高齢化第2幕」を視野に

こんなことを準備しておいたらいいのでは・・・と言う将来構想を出しあうワークショップを

実施しました。

 

 

 

 

 

高齢化第2幕とは?

75歳以上の高齢者が急増する今後5~10年後は

「高齢化第2幕」と呼ばれています。

その頃には介護支援や市民サービスが今より厳しくなって行くことが予想されます。

今後懸念されること

単身高齢者・要介護者の増加・生活面での足の確保・防犯防災・高齢者の生きがいの場・・

他にも問題はたくさんありますが、大きな課題になってくると考えられます。

先例のない時代に突入

欧米をお手本に近代化を進めてきた日本ですが、戦後の高度経済成長をとおして経済的に

豊かな国になりました・・が、今の世界には日本が「お手本」とする国はありません。

なぜなら、人口減少・少子高齢化の進行は日本が世界の最先端を走っているからです。

ワークショップでの楽しいアイデア

参加者は最初はとまどいながらも、時間の経過とともに楽しいアイデアやびっくりするような

奇抜なアイデアも出てくるようになりました。

高齢者の足の確保にスクールバスの利用・・

コンビニ等を作ることで金融機関の利用がしやすくなる・・

獣害被害を逆手に取りある地区を囲み、猪・鹿の牧場かを図り獣害対策と観光に繋げていく・・等々

他にもたくさんの意見やアイデアをたくさん出してもらい、短時間の会議ではありましたが

次のステップに踏み込める良い機会になったかと思います。

「おしゃべりサロン・カンガルー」

6月20日(火)第1回「おしゃべりサロン・カンガルー」を実施しました。

大人16名・保育園に行くまでのお子さん20人 合計36人の参加で会場は笑顔でいっぱいに

なりました。

今年で3年目を迎えた事業ですが、佐濃地区公民館から子育て支援として、一定の助成金を付けてもらい

子育て中のお母さん達が交流できる場所をとおして繋がってもらうのを目的に実施し、お母さん同士が

日頃の育児の悩みなど相談できるおしゃべりタイム、子どもの遊び場の確保と保育、おやつタイムに出る

シフォンケーキは母子ともにとっても好評です。

「おしゃべりサロン・カンガルー」にいつも参加頂いてる方・新しく参加される方・仕事の都合などで

今回が最後だった方もおられますが、第2回目を予約されて帰る参加者も多くありました。

次回第2回は7月18日(火)です。