”こんにゃく作り”と”コンニャクづくし”/佐濃地区活性化協議会

今日は朝から湿った雪が絶え間なく降り続いています

そんな中、いこいサロン「スター」ではコンニャク作り教室が開かれました

IMG_2477

まずスタッフから始まりのあいさつです

 後ろにいるのが85歳になってますます元気な今日の講師です 

IMG_2481

凝固剤の説明

今回は生石灰を水に溶かしたものを使います

 

IMG_2482

こちらがこんにゃく芋です

これを湯がいて皮をむきます 

IMG_2486

芋200gに800ccの水を加えてミキサーにかけます

 

 

IMG_2501

これに凝固剤を入れてかき混ぜます

一人1kgづつ全員体験しながら混ぜてもらいました

 

これを一人で何杯もやると結構疲れる作業です

IMG_2510

 

型に流し込んで形を整えます

 

 

IMG_2521

そして丁度よい幅に切れ目を入れてすくい

そのまま沸騰した湯の中へ

 

IMG_2517

ママと一緒に来たオチビさんは

お絵かきを楽しんでいます

 

IMG_2525

湯煮ができたコンニャクを刺身に仕上げています

 

 

IMG_2527

今日のコンニャクを使った昼食です

手前の左が炊き込みご飯、右が豚汁

奥の左がほうれん草との和え物、右が刺身

刺身は、わさび醤油の他に柚子味噌や蕗のとう味噌も付けていただきました

ぷりんぷりんの食感がたまらなく美味しいです

IMG_2531IMG_2538

 

 

 

IMG_2541

食事の後はコーヒーと、豊岡市の参加者からお土産にいただいたおからクッキーでひととき

そして感想をアンケートに書いていただきました

 

参加者の皆様、今日は足もとの悪い中、有難うございました

アンケートの内容は次の取り組みの参考にさせていただきます

本日のコンニャク作りレシピはこちらをクリックして下さい  こんにゃく作りレシピ

うんちく・・・

生のコンニャクイモ、サトイモ、ヤマイモなどに触ると手が痒くなったりします

これは、芋に細かい繊維が含まれていて肌を刺激するからだそうです

芋は虫に食べられないためにこのような繊維を含んでいるということです