「河梨の十二灯」/二区地区活性化協議会

河梨区では、先月23日に300年以上も続く伝統行事、十二灯が行われました。これは河梨区をあげての共同体の火祭りで、毎年八月二十三日の夕方におこなわれるそうです。

この日は午後四時頃から、各戸から1人ずつ男子が出て、あらかじめ用意していた松明材・青竹等を持ち、村はずれの山、「万灯山」に集まります。その山頂で、「お灯明」 「十二灯」などを組み立てます。

お灯明は直径30㎝、長さ1.2mほどの割竹を束ねた灯明を7mばかりの竹竿の先端に突き刺したもの。

十二灯は、長さ8.5mほどの檜の真柱に青竹でほぼ正三角形の枠を取付け、その枠に左右各6本のスジカイを組み、その筋交いの青竹の先端に松明を突き刺し真柱のてっぺんに建てるものを合わせ十三束用意。

he

 

 

 これらの作業の一方で、村の役の者が久美浜町内の愛宕さんより神前の火を受けて来てその聖火で焚火をたき、お灯明を立てます。区長さんの合図で叉木や綱を用いて直立させ愛宕山の方角に向け固定し十三束の松明に点火します。万灯山は女人禁制、忌みがあった家の男性も参加できません。村の人たちは集落からそれを仰ぎ見るそうです。

この行事の起源などは知られないのですが、在所では虫除けと豊作を祈る行事と伝えられています。愛宕さんから種火を受け、その方向に十二灯を立てるところから、十二灯の行事は愛宕信仰による献火行事という意味もあり、また、万灯山の名が残るように盆の火祭りの要素もあると伝えられています。同様の行事が隣村の神谷や河内でも行われていたということですが、現在は、河梨のみに残ります。

平成元年4月には京都府指定 無形民俗文化財に登録されました。

今年は、時折強く降る雨で皆さん大変だったようです。お疲れさまでした。