豪商稲葉本家

豪商稲葉本家
信長家臣美濃三人衆の一人稲葉一徹の縁者、初代嘉兵衛が廻船業で巨富を築いた。その後、7代目以降「市郎右衛門」と名乗り近辺の諸藩の金融業務を一手に預かる豪商となった。