豪商稲葉本家で御殿雛を展示しています/久美浜一区自治振興会

 お雛様1お雛様1

由緒正しき お雛さま

’15.01.15

雪が降る 寒い季節の中にあっても

庭の蕗のとうには 新芽が芽吹き、

 寒梅も 静かに開花準備を進めるなど、

着実に 春に向かって

季節は進んで行きます。

久美浜は竜の里なんだよ

久美浜は竜の里なんだよ(稲葉本家)

こんなめぐり行く季節の中にあって

久美浜一区にある豪商稲葉本家では

 第12代当主

稲葉市郎右衛門のご内儀が

嫁入りの際に

嫁入り道具の一つとして持ってこられた

部屋 いっぱいの御殿雛が展示され、

春の息吹を運んでいます。

とても大きな御殿雛です

とても大きな御殿雛です

また、稲葉本家の蔵では、

久美浜町甲山出身の日本画家

中江 宗氏の絵画

「コウノトリ」が展示されるなど

とても 賑わっています。 

日本画 コウノトリ

日本画 コウノトリ

 1月17日(土)には、

NPOわくわくする久美浜をつくる会などの支援を得て

久美浜町内の 女性会の皆さんが、

竹筒と和紙で製作した 雛人形を

町中の 家の軒先に展示します。

寒い季節だからこそ、

ぶらっと久美浜に お出掛けして、

心と体を温めてみてはいかがですか?

次回、久美浜一区自治振興会のBlog更新日は 1月20日です、お楽しみに‼