緊急状況報告/久美浜一区自治振興会

 さくらさくら桜が川を塞き止める

’14.03.05

 

 

 今、久美浜一区では

府民公募型事業における 提案が採択され

久美谷川の護岸工事が、

京都府の事業の下で 行われています。

場所は広瀬橋付近の堤防です。 

 

ここは桜の木が堤防沿いに植えてあり、

春の桜が咲く季節には、きれいな桜の花を観賞できる 

とても素敵な場所なのです。

 

広瀬橋のそばの桜

広瀬橋付近の桜並木、とてもきれいな桜の木です。

 

 京都府も 地元の意向を尊重して、

桜をそのまま残す方向で 護岸工事を進めて くれています。

 

そんな なか、 一つの問題が 起こりました 。

工事の途中で 一本の桜の木が、 堤防をずり落ちたようなのです。

 

ずり落ちる前の桜の木

円の中の桜が、堤防をずり落ちたもようです。

 

 梅雨の時期や 台風の季節に、久美谷川の水位が上昇した際には

この桜の木が久美谷川の水の流れを、塞き止める可能性が出てきました。

 

現在の久美谷川の桜の木

現在、問題となっている桜の木

久美谷川 桜の木

工事途中の桜、増水時が心配です

 

 

 

 

 

河川管理は、

京都府 丹後土木事務所の管轄であるため

 現在、同所に 緊急状況報告をし

今後の対応を検討しているところです。

 

桜の木を残し、

久美谷川の景観を守りながら、

久美谷川の氾濫という最悪の状況を回避するために

今後も丹後土木事務所と協同して事を進めて行きます。

 

 

 次回、久美浜一区自治振興会のBlog更新日は、3月10日です、お楽しみに!!