活性化協議会事務局員 視察研修/久美浜一区自治振興会

久斗山農産加工組合に視察研修です    ’13.06.25

 

6月22日(土)  事務局員の視察研修が行われたんです。 

この研修会のネタでBlogを書こうと思ってるのは、8人の活性化協議会事務局員の中に

結構いると思うんだ。

だってみんなカメラを持参して写真を撮っていたんだもの。(今回は みんな同じネタかなぁ)

ほんとに、Blogに載せるニュースを探すの大変なんだぁ・・・

だから、早い者勝ちって感じで 先に書~いちゃお!!(とか言って、僕が一番遅かったりして)

 

朝8:30に久美浜 市民局前をスタート、昨日までの雨が止んで助かった~ぁ。

到着予定はAM10:00だから1時間30分ほど 車で移動です。

視察研修に出発しま~す。

 

 

 

 

 

 到着で~す、ここ久斗山農産加工組合は、兵庫県 新温泉町 久斗山にあるんだよ。 

 久斗山農産加工場に到着です。

 

 

 

 

 

 2004年に廃校となった久斗山小学校の再利用とコミュニティの活性化を目的として

農産物の加工所をスタートさせたんだって。

 久斗山農産加工組合の組合長さん

(久斗山農産加工組合の組合長さん)

 

 

 

 

素朴な杵つきの餅を中心に、栃もち、やまぶき佃煮、山椒の実の佃煮、葉わさび漬等を

『安心して口にしてもらう』をモットーに地元原産にこだわって生産してるんだって。

今日はフキの佃煮(山椒入り)を作っています。

 

(ふきの佃煮を皆さんで作ってます)

 

 

正月には、460㎏のもちを京阪神などに出荷するんだよ。

久美浜でも地元産にこだわった商品開発のヒントになりそうだね。

 

久斗山から帰路について、途中の餘部鉄橋を見学で~す。

 旧余部鉄橋を途中まで歩いて渡ることが出来ます。余部鉄橋の上から下を眺めました、こわ~ぁ。

 

 

 

 

ここは、27年前 鉄橋を走行してた列車が 日本海からの強風に煽られて脱線し、

鉄橋の下の民家に落下したんだ。

ちょうど鳥取方面行きの列車が、余部鉄橋を渡ってホームに入ってきました。旧余部鉄橋の鉄骨むき出しスタイルも綺麗なもんだね。

 

 

 

 

でも本当に 高い場所を線路が通ってるんだなぁ。

マジ怖~ぁ。