大変だ~ぁ/久美浜一区自治振興会

松松

 

 

 一区で松枯れ病が発生した

’13.11.01

 

 

久美谷川沿いに 植えられてる松の木 って、

樹齢が 100年以上 経っていると思うんだよね。

一説によると、

江戸時代に 植樹されたって、聞いたことも あるんだけど。

 

でさぁ、

この松の並木を見ると、

なんだか、気持ちが 落ち着くような 気がするんだよね。

僕だけなのかなぁ… 皆も そうだよね。

 

夏には、夏の強い日差しを さえぎって、木陰を作ってくれるんだ、

この 通りを歩く時は、必ず この木陰の下を歩いちゃう。

冬の寒い雪の日も、松の木の側は雪が少ないんだよね。

 

その、久美谷川沿いの松の木が 大変な事になってる。

久美浜公会堂から 土居交差点に行く間の 松なんだけど、

この内の 一本が、

9月に入ってから 急に松葉が茶色く変色し始め

10月半ばには、この松の木が 立ち枯れをしてしまったんだ。

 

松枯れ病に侵された松の木松枯れ病に侵された松の木 2

 

 

 

 

 

 

松食い虫に よるものだと 考えられるんだけど、

他の松の木に 被害が及ぶ前に

この 松の木を 伐採してしまわないと いけないんだ。

 

10月末に、伐採のための補助金(伐採費用の1/2)申請を

久美浜一区自治振興会から京丹後市へ提出しています。

伐採作業は 丹後地区森林組合に お願いしようと考えています。

 

なんとしても、

古くから続いてきた、この久美浜一区の風情ある景観を 守るために

他の 松の木が、被害に遭わないようにと 考えています

 

 

 

次回、久美浜一区自治振興会のBlog更新日は11月05日です、お楽しみに!!