稲作は奥が深いよ/久美浜一区自治振興会

cli_0903acli_0903a

田んぼの水を切りました 

’15.07.05

植えたばかりの苗は

2本から3本の葉っぱをした

弱々しい感じがいっぱいの苗だったんです。

それが徐々に、

葉っぱを分けつして逞しくなったと

以前お話ししましたよね。

私のような 新米のお百姓さんは

次に何をすればいいか

あまり良く解っていなくて…

先日、

田んぼの水を確認しに行ってると、

隣の田んぼの方が

「いい感じで分けつしてるよ、

もう水を落とした方がいいぞ」って

教えて下さったんです。

水を落とす前だよ

水を落とす前だよ

 茎の数が16〜18本ぐらいになったら

田んぼの水を落として

中干しをするんだって。

水を落として強い茎にします

水を落として強い茎にします

 この中干しをしないと稲が倒れて

機械で稲刈りが出来なくなっちゃうらしい…。

この後、田んぼが乾いて

ひび割れする頃にまた水を入れるんだって。

何回 水を入れたり、干したりするんだろう?

まだまだ、よく解ってない新米のお百姓さんなのです。

😆 😆  😆  😆  😆

次回、久美浜一区自治振興会のBlog 更新日は07月10日です、お楽しみに‼