久美浜のゆるキャラ「くりゅうくん」

くりゅうくん

久美浜の龍の「くりゅうくん」です。

久美浜のゆるキャラで、京都の嵯峨芸術大学生がデザインしてくれました。

龍は、久美浜の古来からの守り神で『龍伝説』もあります。
また毎夏、龍にちなんだ「ドラゴンカヌー大会」も開催されています。


龍伝説のまち久美浜

久美浜龍伝説
龍にまもられた悠久の里・京都 久美浜

竜神伝説の城下町<龍にまもられた悠久の里・京都 久美浜>

くりゅうくんと散歩

◆ねえ、くりゅうくん。あのきれいなお山はなんていうのかな。

◆あれは、「高龍寺ケ岳」といって、久美浜町のいろんなところから眺められる。地元では熊野富士ともいわれみんなに親しまれている山だよね。小天橋から、ジャージー牧場から、川上谷川流域からまた佐濃谷川流域平田や一分からの眺めるのもいいね。

◆高龍寺ケ岳(697m)からの眺めも日本海から但馬方面、360度の大パノラマだよね。

◆川上谷っていうと、須田の湯船坂古墳から金銅装双龍式環頭大刀が出土したって聞いたけど、相当の人物がいたってことだよね。

王者の谷に対の親子龍

◆紀元前の頃、王者の谷(現在の須田)に川上摩須良王(かわかみますらおう)という豪族が住んでいて、その娘川上摩須良女(かわかみますらめ)は、丹波の平定を命じられた大和王朝の王族・丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)(第10代崇神(すじん)天皇代・四道将軍の一人)と婚姻し、その子比婆須比売(ひばすひめ)は、第11代垂仁(すいにん)天皇の后となり第12代景行(けいこう)天皇を生んだと伝わっているよ。(古事記)

◆そうだね。歴史上有名なヤマトタケルは、景行(けいこう)天皇の子だから久美浜のおばあちゃんって感じだね。古墳から金ぴかに輝く金銅装双龍式環頭大刀が出て、1.2mで対になった親子の龍が玉をくわえたデザインとなっているけど、相当の権力者がいたってことだよね。

◆また、かぶと山は昔からご神体として地域のみんなにあがめられてきたんだけど、この頂上にある熊野神社は、川上摩須良王(かわかみますらおう)が孫娘の比婆須比売(ひばすひめ)命が皇后になったことを祝って出雲から勧請したと伝わっているよ。

◆丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)は、峰山の船岡に住んだとされているけど、久美浜には丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)にまつわる史跡も多いんだよ。

龍にまもられた町

◆まず、久美浜湾だけどちょっと日本海の空から見てみると龍に似てるよね。そして、この久美浜湾に張り出している大明神岬は丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)の墓があるとも伝わっているけど、この大明神岬の姿が海面を進む龍に似ており、龍の化身が住むともいわれているよ。

◆丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)は、崇神(すじん)天皇から山陰地方の平定を命じられ、出雲から神様を迎えて神谷神社を創ったらしい。また武士であるので、いつも刀を腰から下げていたわけだけど、武運長久を祈り「国見剣(くにみのつるぎ)」を祀ったとされるのが、太刀宮神社で、久美浜の地名の由来は、「国見(くにみ)」から「久美」となったともいわれているんだよ。

◆神谷太刀宮神社には、その刀で切ったといわれる岩が残っているし、家来だった村丘神(村丘神社のある奥馬地区)は忠臣を誓っていまでも例祭に大根をお供えしている習わしがあるんだよ。

◆ところで、久美浜湾から龍がのぼるのを見たっていうのはほんとうかい。

◆そうなんだよ。時代は変わるけど、一遍上人(時宗の開祖1239-1289)が久美浜に立ち寄った際、久美浜湾から立ち昇る龍を見たと一遍上人絵伝にも残っているよ。

◆それで、龍の頭をかたどったドラゴンカヌーは、今や久美浜の夏の風物詩となっているね。

◆そうだね。久美浜は古代から龍に守られたまちともいえるね。

◆中国では、古来から四神五獣(青龍、白虎、朱雀(鳳凰)、玄武(亀・蛇)、麒麟)といって、龍も伝説の生き物として非常に尊いものとされている。

◆久美浜の手付かずの自然、箱庭のような景観は、久美浜の龍神が古代から守ってきてくれたものなんだね。