海の京都花いっぱい運動/久美浜町活性化連絡協議会

2014-06-10

久美浜一区では海の京都花いっぱい運動に取り組んでいます。京丹後市の花「トウテイラン」が絶滅危惧種に指定されていることから「トウテイラン」を選択し、挿し木による株つくりから始めました。3本の挿し穂で1株を作り、3株を1個のプランターに移植し、300個のプランターを作ります。

6月9日は久美浜高校の2・3年生の生徒17人による挿し穂による株つくりが行われました。環境省自然公園指導員の後藤久和さんの指導で900本の挿し穂から300株が作られ、6,7,8月の3か月間水やりなどの育苗管理をします。9月には一区の区長さんをはじめ住民の皆さんの手によってプランターに移植され、一区の街中を花いっぱいにします。皆さんの心を癒し、観光客の目を楽しませてくれると思います。

後藤指導員の説明後藤指導員の挨拶と注意事項

 

 

培土の入れ方培土はこれくらい入れて下さい

 

 

挿し穂挿し穂の先を少し尖らして。

 

 

挿し穂2ちょっと教えて!これでいいの?

 

 

挿し穂3先生これでいいですか?

 

 

挿し穂4うまく出来ました。

 

 

挿し穂5うーんこれでいいかな?

 

 

挿し穂6ごくろうさんでした。なにか質問はありますか?

 

 

無事300株の挿し穂が終わりました。水やりなどの育苗管理をよろしくお願いします。