廃校の有効活用/」久美浜町活性化連絡協議会

2015-11-09 更新

質美笑楽講(小学校)を視察

快晴だった10月24日土曜日。京丹波町質美小学校跡の質美笑楽講

久美浜町活性化連絡協議会事務局研修に行きました。

質美地区は7集落から成り、193世帯人口489人の小さな地区です。

早速笑楽講の周辺、中庭など散策しました。

s-P1040457♪メダカの学校は川の中♪ではなく中庭にありました。

 

 

 

s-P1040458レトロな郵便ポストが「三丁目の夕日」を思わせるようです。

 

 

 

s-P1040460質美地域振興会長高橋さんから1時間におよぶ丁寧な説明を受けました。2009年12月に「質美小学校廃校に伴う諸問題検討委員会」を設置し19回に及ぶ会議を重ね、学校を残して行く方向に決定。2011年6月に「質美小学校活用委員会」へと移行し、14回の討議を重ね、町当局と活用について具体的な話し合いが行われた。結果、2012年1月に質美小学校の活用が決定する。■絵本館は常設 ■音楽室や体育館、空き教室を使って軽音楽サークル、空手、自由市、童謡の会、パソコン教室、絵画サークル、コンサート、料理サークル、いきいきサロン、手作り市、野菜市、資料館(常設) ■質美地域振興会、質美農場づくり協議会、質美地域活性化委員会などの事務所を常設などに利活用している。

 

s-P1040469s-P1040465

 玄関から廊下へと

s-P1040462道楽ルームみちくさ。中高年のオジサマが欲しそうなレトロな物が展示されていました。

 

 

 

s-P1040464裸電球の傘とか糸巻の枠などアンティークな品々。

 

 

 

s-P1040470昼食にランチルームで定食をいただきました。

 

 

 

s-P1040473メニューはこんなかんじです。まぜご飯、鶏肉の手羽元とさつまいもの甘辛煮、酢の物、漬物などです。他にパンドーゾカフェがありましたがお客さんで一杯で男性参加者は敬遠しました。女性はそちらに行きましたが、大勢のお客さんで1時間ほど待たされたそうです。

 

 先の区長連絡協議会と活性化連絡協議会合同で研修に行った高知県本山町汗見地区の「沢が内小学校」は行政から補助金を受けずに自主財源で事業を展開しています。