体験ツアー視察研修/久美浜町活性化連絡協議会

若狭町・わんぱく隊

3月18日 久美浜まるごとプロデュース協議会 体験ツアー部会で若狭町三方五胡方面に視察研修に行きました。

以前は、観光客も多く民宿もたくさんありましたが、将来を危惧した人たちにより修学旅行生の受け入れを始めたそうです。観光客の減少とともに民宿の軒数も減っていき、最初は反対をしていた人たちも、徐々に参加するようになりました。今では、海辺の民宿では、年間7千人ほどの受け入れがあるそうです。山側の上中(かみなか)地域でも農家民泊を行っているそうですが、年間200名ほどの受け入れがあるそうです。どちらも「都会では経験できないことが体験できる」これが、人気のようです。

挨拶する和田部長 三方五湖観光協会で挨拶する和田部長

 

 

 

観光協会 高木氏 三方五湖観光協会高木氏(右)と民宿代表者

 

 

 

説明に聞き入る 説明を熱心に聞き入る参加者

 

 

 

昼食

昼食 さすがにサバの郷。やきサバの煮つけ

 

 

 

高浜町和田地区

路地 和田地区には、趣のある路地や建物が沢山ありました。土蔵もあちこちにありました。

 その路地のひとつです。

 

 

道標 道しるべにも趣があります。懐かしい写真が貼り付けてあります。

 

 

 

お地蔵さん お地蔵さんもきれいに飾られていました。大事にされているんですね。

 

 

 

玄関 なんとなく趣のある玄関だと思いません?

 

 

 

やまぼうしの会 路地をきれいに飾ったり掃除したり、路地祭を行っているメンバーのひとつ「やまぼうしの会」

 

 

 

きたむら 旅館きたむらで活動の説明を受ける。左端と右端の二人が和田地区の土地柄と人柄にに魅せられて移住した若人。

 

 

 

きたむら 久美浜町の面々。熱心に説明をうける。

 

 

 

今回の視察研修は、山あり、里あり、海ありで久美浜町に似た地区であり、非常に参考になった視察研修だったとおもいます。