今日の久美浜

2013.5.19

久美浜市民局より車で走ること20分。

新緑の山の中にある、戸数わずか6戸の佐濃地区奥山区。(名前のごとく山奥です。)

そんな奥山区で元気な奥さんたちが「茶屋・あそび石」を拠点に村おこしに取り組まれている。

今回は、先ほど発行した「久美浜まるごとMAP」の中から

⑪「奥山自然たいけん公園&遊び石」を訪れて見ました。

茶屋 遊び石

s-DSCF4070

 

 

 

 

「茶屋・あそび石」では、地区の婦人方が草餅をつくておられる最中でした。

 「機械は一切使わず、杵つきで1臼づつついています。また、食材は、全て奥山で取れたものを使っています。」と代表の石田さん            餅つき s-DSCF4066

  この日は、ヨモギを入れた草餅を作っておられました。

 

 

 

 臼と杵での餅つき、久しぶりに見る光景に〝感動〟。

   s-DSCF4073s-DSCF4072

 

 

 

 

全員であんこを中に入れて丸めていきます。

s-DSCF4072   s-DSCF4072

 

 

 

 

手際よさに、さすがベテランと感心。 今回は、注文の90個を作りました。

作業が終わって、お話を聴きました。

Q:活動を始めてから何年になりますか。

石田さん:「あそび石」を指定管理を受けてからです。何年になるのかな~

     最初は、店で出すトチ餅ぜんざいの餅を作っていました。

     それが 今では口コミで遠くからは、大阪、兵庫県三田、それに市内各町

     から注文が入ってきます。

     宣伝はした事が無いんですが、すべて口コミで広がってます。お正月は、

     注文が多くて大変です。

     毎週金曜日は、餅つきの日と決めてこのメンバーで行っています。

     餅以外では、コンニャク、冬季には味噌を作っています。

Q:今後の活動目標などを聞かせてください。

石田さん:こんな小さな村です。ここ「茶屋あそび石」「奥山自然たいけん公園」を

     活かし、少しでも多くの方に訪れていただけるよう小さなことからコツコ

     ツとやって来ました。

     これからもこの思いを大切に続けていきます。

     今、奥山を出られた方々から、奥山の同窓会をやってくれと言われていま

     す。私もやりたいなと思い、どうやったらいいのか、頭を抱えているとこ

     ろです。

と、語られ、全て前向きに取り組まれている、元気な方でした。

     s-DSCF4076メンバー

 

 

 

 

 石田さんとメンバーの皆さん。

 たいけん公園  奥山の水

 

 

 

 

奥山自然たいけん公園     名水:奥山の清水(あそび石の近くにあり、多くの

               方が汲みに来る。)

 

・「奥山自然たいけん公園」の利用申し込みは、「茶屋あそび石」へ。

「茶屋あそび石」

所:京丹後市久美浜町二俣(ふたまた)60-20

電話:0772-84-0647

営業:午前10時~午後6時(食事は要予約)

 

 YOSINORI