京都府/第6回命の里づくり推進交流会/久美浜活性化連絡協議会

2014-12-09更新

丹後管内の取り組み発表会/アグリセンター大宮

12月3日(水)に「笑顔でつながろう命の里 安心・安全な地域づくり」をテーマに交流会が開催され、久美浜活性化連絡協議会から、

神野地区自治会、佐濃地区活性化協議会、二区地区活性化協議会、海部地区活性化協議会が参加、実績発表をおこないました。

また、神野地区かぶとやま工房、二区地区活性化協議会が特産物の販売をおこないました。

会場に昼食が準備されていましたが、ごはん類は神野地区かぶとやま工房製の「バラ寿司」でした。

添え物として、神野地区かぶとやま工房のメロン・ウリの粕漬けがありました。

他地域から、味噌汁、かあちゃん漬け、赤カブの甘酢漬け、コンニャクの刺身ガラシャ漬け、黒豆煮などがあり

デザートとして、おからドーナッツ、生姜ジャム、イチゴ柚子ジャム、米ぬかクッキーがありました。

どれも、精魂込めて作ってあり美味しくいただきました。

実践発表する森本会長。婚活。朝市。サロンでのいろいろなイベント。

里力の事業についてなど発表しました。

森本会長

ユーモアを交えて発表する佐濃地区活性化協議会の森本会長

 
二区地区活性化協議会の清水会長

里力の取り組みについて、再生計画などについて発表しました。

清水会長

活動報告する二区地区活性化協議会清水会長

 
神野地区かぶとやま工房の特産品

神野地区の漬物

かぶと山工房のメロン・ウリの粕漬け

二区地区の特産物。ウコンは微細な粉末にされていて飲みやすそうでした。

二区地区特産物

特産品の」里いもとウコン(陳列の前でした。)

海部地区からは橋本会長が実践発表しました。

橋本会長

里力事業のハード・ソフトの発表する  

アグリセンター大宮の会場が一杯になるくらいの参加者でした。

それぞれ思い思いに交流をします。

全体の雰囲気

参加者150名超

里の仕掛け人1年目。堂々と発表する宮本さん

「里の仕掛け人」宮本貴世子さん

「里の仕掛け人」宮本貴世子さん

各地区の紹介。事例発表。特産品の試食と販売。

京丹後署 西川生活安全課長の特殊詐欺に関する講演など

盛り沢山のないようのあと、恒例の「ふるさと」を全員で合唱して閉会となりました。

ご苦労さまでした。